東屋の歴史

初代木戸正吉により、木戸商店として現場所(両国)にて創業

初代木戸正吉により、木戸商店として現場所(両国)にて創業。
大正3年(1914年)初代木戸政吉が今の地にて”ふくろものおろし”業をはじめる。
創業時のご挨拶としてご近所様にお配りした”てぬぐい”が今も残り、袋物博物館に展示されている。
創業の年に2代目木戸昌平誕生(写真右。昭和6年(1931年)、昌平が事業を継承するものの、昭和20年(1945年)戦死。戦地から妻(好子)への手紙などが多数残っている。

東京大空襲を逃れ・両国地域の中でも唯一残った地区で革小物製品を作り続ける

東京大空襲を奇跡的に逃れ、3代目久平が墨田の地場産業である豚のヌメ革を使用した製品をアメリカへ輸出。その頃のカタログと商品も博物館に展示されている。
昭和37年(1962年)、好子が4代目を継承。5代目(1989年就任)詔一と共に、50年以上にわたり数々のブランド製品をOEM製造し、現在に至る。

創業90年を記念して袋物博物館をオープン

平成16年(2004年)、袋物の歴史、また発展に寄与できたらと、墨田区の『ちいさな博物館』運動に参加し、『袋物博物館』を開館。 国内だけではなく、海外からのお客様含め年間500名近い来館者が訪れている。
袋物博物館では、東日本ハンドバック工業組合に貯蔵されている江戸時代などの貴重な商品も展示。(毎年展示品の入れ替えをおこなっている。)

創業100周年記念し、東屋オリジナル革小物製品<AZUMAYA made in Ryogoku>を立ち上げ、オンラインショップ、両国ショップ・サロンをオープン

平成25年(2013年)、創業100周年記念し、東屋オリジナル革小物製品「AZUMAYA made in Ryogoku」を立ち上げ、オンラインショップ、ショップ・サロンをオープン。

平成29年(2017年)に まるあ柄 シリーズ 『すみだモダン2016認証』
”粋” HOKUSAIシリーズ 『第11回TASKものづくり大賞 奨励賞』
一般社団法人 企業価値認定協会より『企業価値認定』を頂く
平成30年(2018年)『OMOTENASHI CELECTION 2018』 受賞