東屋オリジナル製品 -made in RYOGOKU-

『誠実なものづくり』を大切に、革小物製品の製作を行ってきた東屋が
創業100年を記念して立ち上げた、オリジナルブランド、
AZUMAYA made in RYOGOKU。
きらきらした光、雨のしずく、朝もやなど、
『すみだ』の川面に映り行く美しい表情をイメージした
大小水玉模様デザイン”まるあ柄”シリーズは
「すみだモダン2016」の認証を受け、
北斎の浮世絵をあしらった”粋HOKUSAI”長財布は、
墨田区ほか近隣5区が進めるTASKものづくり大賞の奨励賞 (2017年 第11回) を受賞しました。

まるあ柄シリーズ

東屋創業100周年を記念し誕生した『まるあ柄』はきらきらした光、雨のしずく、朝もやなど、『すみだ』の川面に映り行く美しい表情をイメージし地域への感謝の気持ちを込めて作られました。
1898年創業MONFRINI社のイタリアンレザー(牛革素材)を使用し台東区のエンボス・スクリーン加工等の技術の高い株式会社ヨシオカ様(創業明治38年)によるまるあ柄のプリントと、東屋の熟練職人さんによる革小物のシリーズです。

もっと詳しく

粋 HOKUSAIシリーズ

墨田区に生まれ、90年近い生涯に多くの名作を残し、世界的にも高い評価を得た浮世絵師葛飾北斎(1760年~1849年)が描いた「両国橋」と「美人画」をデザインに取り入れた、『粋HOKUSAIシリーズ』。表側は、1898年創業MONFRINI社のイタリアンレザー(牛革素材)を使用し、内側には、墨田区の墨田キール様の美しいインクジェットプリント技術を使用しています。1つ1つの隠れた個所の絵柄合わせが丁寧に施され、表はシンプル、開けて華やかな革小物です。毎日使う革小物で「江戸の粋」をお楽しみください。
TASKものづくり大賞の奨励賞 (2017年を受賞)

もっと詳しく

オンラインショップへ

両国ショップ/サロンのご案内

東屋ビルは竣工昭和41年。当時は周りに大きな建物がなく隅田川の花火を屋上で楽しむことが出来ました・・時が流れ風景は変わりましたが裏を流れる竪川、水門の先に見える隅田川の川面の美しさはそのまま。玄関のガラス扉を開け、らせん階段を昇った先の応接室、照明は当時のまま、ワイン色のチェスターフィールドソファーは丁寧に磨き新たにお客様をお待ちしております。ショップ/サロンは不定休となります。 お越しの際は事前にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。